【1-37】組織の立命のためにはどうすればよいか

組織の立命のためにはどうすればよいか

音声で聴かれる方はこちらです↓

『【1-37】 組織の立命のためにはどうすればよいか 』

細胞分裂を繰り返すといろんなものに変化していくことを分化という

ちゃんと細胞通しが分化していく

細胞の中でリーダーが発生してコミュニケーションを取りながら分化していく

組織自体は有機体で一つの塊とみる

チームであるとみる

組織自体が分化することを立命という

分化するとは細胞一つ一つが自分が全体のうちの一つとみる

その上で自分の役割分担を実践していく

一員であるという自覚

それを前提として役割分担を見つけ全うしていく

どうしたら高分化な組織になれるか

質の良いコミュニケーション

質の良いコミュニケーションとは

良いことも悪いこともなんでも言ってもいいんだという関係性

そうするためにはどうしたらよいか

トップダウンしかない

シャワー効果

まず社長と経営幹部がそういう関係性を作る

社長自らが努力しないといけない

分化、ボーエン氏

高分化な人格とは、理性と感情が分離している

社長や幹部の人格の分化度が上がると

組織の分化度が高くなり

立命する組織になる

立命とはポテンシャルを発揮するということです。

一人一人が全体の一員であるという所属意識をもちながら、

今できることは何かと考え、行動する

個人個人の分化度を上げていかにといけない

失敗した人に対してまず謝れという

まず、理由を言わせる
言い訳10個考えてが良い

失敗した本人が一番落ち込んでいる

そうすると失敗を恐れなくなる

プレゼン能力高くなる

問題提起ができて解決手段を提示する

これも何でも言ってよいという分化度の高い組織になる

立命組織をつくると社員人い一人にとっても幸せなこと

経営者が分化度の高い経営幹部を育てていく


ぜひ聞いてみてください。↑

山田光復先生は現在250社以上のコンサルティングをされ、お時間がなかなか取れない中、早朝の貴重なお時間を使って特別に経営帝王学のお話をしていただいております。

VIPメルマガ『山田光復先生に学ぶVOICE CHANNEL』にご登録されるといち早く、そのお話をお聴きになれます。

さらに、次のお話をプレゼントさせていただきます。

・100年経営、100年家系、半永久的に継続する法則とは(3回シリーズ)

・運を上げる法則とは(3回シリーズ)

さらに、10期生まで経営塾を運営してきて、このコミュニティ主催させていただいている 尾藤陽二の30分相談をプレゼントさせていただきます。(丁寧に対応させていただくため、月に3社までとさせていただきます。)

※メール返信されますので、そちらから本登録お願いいたします。

※softbank docomo auなどの携帯キャリアメールは返信されませんので、それ以外の普段使われているメールアドレスをお使いください。

定期的にVIPメルマガでお届けする内容は

・経営帝王学・古代中国哲学・易経・世の中の出来事(事件、事故、政治、経済)を帝王学的による解釈・人のポテンシャル分析・土地・方位・時の分析・運・層・事業継承・100年家系・100年企業・新規事業の仕方・企業の発展のメソッド・組織運営・採用・人事

など幅広いテーマで経営帝王学を学び、身に付け運を上げていくことができます。

【1-36】山田光復先生の7・8月に起きた人生の大きな転機について

山田光復先生の7・8月に起きた人生の大きな転機について

音声で聴かれる方はこちらです↓

『【1-36】 山田光復先生の7・8月に起きた人生の大きな転機について 』

私自身51歳
家庭も円満、ビジネスも軌道に乗せていただいている
今年の7月8月は人生が変わるほどの経験

大きな人生の転機、今は別の人生を歩んでいる感覚

テーマを決めて家族で話し合った

テーマ
あの世があると思うかないと
思うか

結論は『わからない』

死後の世界は誰もわからない

あると考えたほうがいいかないと考えた方がよりという結論

中3の時にこの考えに至った
あるの思って生きたほうが良いという誘導尋問

あるという世界でこれまで考えてきた

子供たちは
これまで聞いたこともなかった答え
『それ変な話だよ』
『ないと思って生きてあったら、また頑張ればいいじゃん
、わからないことなんだから考えなくてもいいじゃん』

これまではあると思って考えてきたが、
ないと思う人生観は何かを考え始めた
それを7月8月に真剣に考えた

25年間でかかわった方が多い
人の幸不幸に直結に立った立場
幸不幸の最前線
相手のためを思い、厳しいことも言った

だから見届けたいという気持ちが強い

100年家系なのでそうなっているか

あの世がなかったと思ったら震えた

見届けるためにはどうすればよいか

結論 長生きする!!

できるだけ長生きして見届けよう

もう一人凄い方に出会った

現在41歳で末期がんの経営者

明日死ぬかもしれないという中で経営する

明日死ぬとしたら、何を後悔したか

人に伝えてなかったことを後悔

今を一瞬一瞬真剣に生きている

あの世があるという永遠の中の1年より

あの世がないと考える1年のほうが大事に思える

気持ちは出し惜しみしない

一瞬一瞬を真剣に生きることが大事
後悔の内容に想いを全部伝える様にしている

唯物論者が好きではなかった
今さえよかったら良いという刹那主義と思っていた

でも真剣に考えてその時を大切にしようと思って生きていたので話か

リスペクトする様に変わった

何が正しいか正しくないかで人を判断してはいけないと思うようになった

寛容になった

真剣に楽しく生きよう


ぜひ聞いてみてください。↑

山田光復先生は現在250社以上のコンサルティングをされ、お時間がなかなか取れない中、早朝の貴重なお時間を使って特別に経営帝王学のお話をしていただいております。

VIPメルマガ『山田光復先生に学ぶVOICE CHANNEL』にご登録されるといち早く、そのお話をお聴きになれます。

さらに、次のお話をプレゼントさせていただきます。

・100年経営、100年家系、半永久的に継続する法則とは(3回シリーズ)

・運を上げる法則とは(3回シリーズ)

さらに、10期生まで経営塾を運営してきて、このコミュニティ主催させていただいている 尾藤陽二の30分相談をプレゼントさせていただきます。(丁寧に対応させていただくため、月に3社までとさせていただきます。)

※メール返信されますので、そちらから本登録お願いいたします。

※softbank docomo auなどの携帯キャリアメールは返信されませんので、それ以外の普段使われているメールアドレスをお使いください。

定期的にVIPメルマガでお届けする内容は

・経営帝王学・古代中国哲学・易経・世の中の出来事(事件、事故、政治、経済)を帝王学的による解釈・人のポテンシャル分析・土地・方位・時の分析・運・層・事業継承・100年家系・100年企業・新規事業の仕方・企業の発展のメソッド・組織運営・採用・人事

など幅広いテーマで経営帝王学を学び、身に付け運を上げていくことができます。

【1-35】お弟子さん、安藤貢先生と山田光復先生との出会い

お弟子さん、安藤貢先生と山田光復先生との出会い

音声で聴かれる方はこちらです↓

『【1-35】お弟子さん、安藤貢先生と山田光復先生との出会い 』

どういう協会にしたいか

法人の設立年月日が人の誕生日

設立の想いについて

東洋思想はみなさんに絶対知っていたほうが良い

東洋思想や山田光復先生との出会い

カリスマコンサルタントの方からの紹介

山田光復先生の第一印象
本質的なこととおっしゃる
大げさに言わない
風水を絶対視していない
会いに行ったら探していたのがこれだと感じた

安藤貢さんの第一印象
大変苦労されている方と感じた
見た感じの雰囲気と発する言葉の深さのギャップ
何しに来たのだろう?深い感じがした

その都度しっかり向き合ってこられた

その場で弟子入り
どうしてなりたいのですか?
世界平和の実現と、若い方を支援して世界で活躍していただきたい

集中的に学んだ。月に4回、1回3時間の座学を1年間
実技1年間

学んでいくと全体が見えてくる

最初とんちんかんだった?

本質的にとらえようとする思考がぬきんでている

根拠をもとめる

これを学んで周りの人たちにどう役に立つのか


ぜひ聞いてみてください。↑

山田光復先生は現在250社以上のコンサルティングをされ、お時間がなかなか取れない中、早朝の貴重なお時間を使って特別に経営帝王学のお話をしていただいております。

VIPメルマガ『山田光復先生に学ぶVOICE CHANNEL』にご登録されるといち早く、そのお話をお聴きになれます。

さらに、次のお話をプレゼントさせていただきます。

・100年経営、100年家系、半永久的に継続する法則とは(3回シリーズ)

・運を上げる法則とは(3回シリーズ)

さらに、10期生まで経営塾を運営してきて、このコミュニティ主催させていただいている 尾藤陽二の30分相談をプレゼントさせていただきます。(丁寧に対応させていただくため、月に3社までとさせていただきます。)

※メール返信されますので、そちらから本登録お願いいたします。

※softbank docomo auなどの携帯キャリアメールは返信されませんので、それ以外の普段使われているメールアドレスをお使いください。

定期的にVIPメルマガでお届けする内容は

・経営帝王学・古代中国哲学・易経・世の中の出来事(事件、事故、政治、経済)を帝王学的による解釈・人のポテンシャル分析・土地・方位・時の分析・運・層・事業継承・100年家系・100年企業・新規事業の仕方・企業の発展のメソッド・組織運営・採用・人事

など幅広いテーマで経営帝王学を学び、身に付け運を上げていくことができます。

【1-34】今の世界情勢、外交防衛について帝王学的に捉えると

今の世界情勢、外交防衛について帝王学的に捉えると

音声で聴かれる方はこちらです↓

『【1-34】今の世界情勢、外交防衛について帝王学的に捉えると 』

幸せな家庭を築いてほしい
100年経営100年家系

国が良くならないと家庭が良くならない

世界が平和にならないと安全保障が守られない

世界の人口問題

人口統計
毎年1億人増えている

人口が増えると何が大切か
国造りが大切

国は
領土
国民(人口)・・・食料問題
法の整備
で成り立つ

日本は2の夫婦から1.36人
韓国は1.12人

爆発的に人口が増えている
2025年世界情勢の予測レポート

中国は14.8億人
インド14.6億人
アフリカ10億人
アラブ4億人

若者が増えている
日本は年寄りが増えている

伸び率中東アラブ
チュニジア、エジプト、イラン、イラク

9.11テロの首謀犯

若者は究極の職業難

一部のエリート層に富が集中

若者たちの暴発

エジプトは若者の失業率が20%
高等教育を受けられるのは17%

アジアにおいては圧倒的に中国は緊張感がある

中東と中国が良く似ている

おとなり韓国でもある

反米、反日

経済発展と領土拡大がテーマ

その中で防衛がテーマ

日本で思っている以上に緊迫している

人間は成長している

露骨に争はない

賢さが必要

中東を紐解くと見えてくる

大きな流れを知っておかないといけない

家系全体の流れがわかるとどうすればよいか見えてくるのと同じこと

香港のデモ

基本的にはバカではないので命の尊厳性を求めている

一人一人の良知にのレベルが高まっている

良心の呵責を感じやすくなっている

世界中どこでも同じ

だれもが情報を共有できる時代

防衛問題は言えないことが多い

政府を信じるしかない

信じれる人に国会議員になってもらう

自分の代理人がだれがふさわしいか

国民が政治に関心を持つこと

学ばざるを得ない

国民のレベルで国会議員のレベルが決まる

世界情勢もしっかり学ぶ必要がある

それが安全保障につながる


ぜひ聞いてみてください。↑

山田光復先生は現在250社以上のコンサルティングをされ、お時間がなかなか取れない中、早朝の貴重なお時間を使って特別に経営帝王学のお話をしていただいております。

VIPメルマガ『山田光復先生に学ぶVOICE CHANNEL』にご登録されるといち早く、そのお話をお聴きになれます。

さらに、次のお話をプレゼントさせていただきます。

・100年経営、100年家系、半永久的に継続する法則とは(3回シリーズ)

・運を上げる法則とは(3回シリーズ)

さらに、10期生まで経営塾を運営してきて、このコミュニティ主催させていただいている 尾藤陽二の30分相談をプレゼントさせていただきます。(丁寧に対応させていただくため、月に3社までとさせていただきます。)

※メール返信されますので、そちらから本登録お願いいたします。

※softbank docomo auなどの携帯キャリアメールは返信されませんので、それ以外の普段使われているメールアドレスをお使いください。

定期的にVIPメルマガでお届けする内容は

・経営帝王学・古代中国哲学・易経・世の中の出来事(事件、事故、政治、経済)を帝王学的による解釈・人のポテンシャル分析・土地・方位・時の分析・運・層・事業継承・100年家系・100年企業・新規事業の仕方・企業の発展のメソッド・組織運営・採用・人事

など幅広いテーマで経営帝王学を学び、身に付け運を上げていくことができます。