【1-27】陽明学の致良知になりやすい環境・条件とは

陽明学の致良知になりやすい環境・条件とは

音声で聴かれる方はこちらです↓

『【1-27】 陽明学の致良知になりやすい環境・条件とは
) 』

陽明学は心学

良知に至る

良知=一般的な良心

天の理 を知っている

知行合一

良知に至れるとき

自分の知識とか考え、科学が及ばないとき

科学の世界ではわからないとき

人類の3大疑問

人は何処から生まれ
何のために生きて
死んだらどうなるのか

死の定義は時代によって変わってきている

人の死、人との別れ
岐路に立たされた時ほど
良知が作用しやすい

その心の隙間に入ってきたのが宗教

心の隙間に入られるのは危険なので
積極的に自分に問いかけていく

人生の選択をしてきた
それは科学的回答がないこと

経営の現場ではたくさんある
経営者は判断することが仕事

経営とは組織を営むこと
回答がない判断が多い

MBAといった科学的な判断ないとき

迷った時ほど良知に聞くことを習慣化する

訓練をしていると聞かなくても

人生の岐路や困難に出会った時ほど致良知しやすい

朝の5時~7時は卯の刻は未開の地を切り開くエネルギーを受ける時間

エネルギーが太陽から降り注がれるので家の外にいる

一日の改革のエネルギーを得れる=悪いものを押しのける意味がある

そのパワーがみなぎっている時に致良知になる

=朝トレ

3時~5時は寅の刻
建物の中で祈る時間

医学的には体内時計が脳から幸せホルモンがでる

幸福度が増すのは卯の刻のパワー

出会いと別れは陽と陰

陰陽は一緒に造りだされる

大きな別れの時には、大きな出会いがある

別れのかなしみを味わい、出会いの喜びを満喫する

正解がないものほどとらえ方が大事

何処でとらえるかを考えたとき、良知がよい

葬儀の場でお見送りする場で、良知に尋ねるのは大事

死の悲しみを思い出に変える儀式=葬式

悲しい思い出をよい思い出に変える


ぜひ聞いてみてください。↑

山田光復先生は現在250社以上のコンサルティングをされ、お時間がなかなか取れない中、早朝の貴重なお時間を使って特別に経営帝王学のお話をしていただいております。

VIPメルマガ『山田光復先生に学ぶVOICE CHANNEL』にご登録されるといち早く、そのお話をお聴きになれます。

さらに、次のお話をプレゼントさせていただきます。

・100年経営、100年家系、半永久的に継続する法則とは(3回シリーズ)

・運を上げる法則とは(3回シリーズ)

さらに、10期生まで経営塾を運営してきて、このコミュニティ主催させていただいている 尾藤陽二の30分相談をプレゼントさせていただきます。(丁寧に対応させていただくため、月に3社までとさせていただきます。)

※メール返信されますので、そちらから本登録お願いいたします。

※softbank docomo auなどの携帯キャリアメールは返信されませんので、それ以外の普段使われているメールアドレスをお使いください。

定期的にVIPメルマガでお届けする内容は

・経営帝王学・古代中国哲学・易経・世の中の出来事(事件、事故、政治、経済)を帝王学的による解釈・人のポテンシャル分析・土地・方位・時の分析・運・層・事業継承・100年家系・100年企業・新規事業の仕方・企業の発展のメソッド・組織運営・採用・人事

など幅広いテーマで経営帝王学を学び、身に付け運を上げていくことができます。