【1-12】梅花心易とは(経営帝王学で身につけれること)

梅花心易とは(経営帝王学で身につけれること)

音声で聴かれる方はこちらです↓

『【1-12】梅花心易とは(経営帝王学で身につけれること) 』

梅花心易とはなにか

帝王学のバックボーンとして儒教の経典

儒教の経典の一つに易経がある

邵康節(しょうこうせつ)が残し、易経を使ったもの

梅の花を見てまで占えること

相談に来た年月日時間で気の流れを見る。

なくしものをみつけるのにも使える。

奇門遁甲・・・時間、空間を切り取った気の流れがわかる
梅花心易・・・この瞬間の気を読み取る。
・どういう服を着ているか
・どういう事を発したのか

外交・防衛において、瞬時に相手の状況を読み込むのは重要

セミナーで前に立つと、様子だけでわかる。

ロジカルに分析できる。

帝王学なので、100年経営、100年家系のためなので、
ありとあらゆるものに適応できる。

経営としての作戦を立てることができる。

スクールでは実用的に使えることにフォーカスしている。

ぜひ聞いてみてください。↑

山田光復先生は現在250社以上のコンサルティングをされ、お時間がなかなか取れない中、早朝の貴重なお時間を使って特別に経営帝王学のお話をしていただいております。

VIPメルマガ『山田光復先生に学ぶVOICE CHANNEL』にご登録されるといち早く、そのお話をお聴きになれます。

さらに、次のお話をプレゼントさせていただきます。

・100年経営、100年家系、半永久的に継続する法則とは(3回シリーズ)

・運を上げる法則とは(3回シリーズ)

さらに、10期生まで経営塾を運営してきて、このコミュニティ主催させていただいている 尾藤陽二の30分相談をプレゼントさせていただきます。(丁寧に対応させていただくため、月に3社までとさせていただきます。)

※メール返信されますので、そちらから本登録お願いいたします。

※softbank docomo auなどの携帯キャリアメールは返信されませんので、それ以外の普段使われているメールアドレスをお使いください。

定期的にVIPメルマガでお届けする内容は

・経営帝王学・古代中国哲学・易経・世の中の出来事(事件、事故、政治、経済)を帝王学的による解釈・人のポテンシャル分析・土地・方位・時の分析・運・層・事業継承・100年家系・100年企業・新規事業の仕方・企業の発展のメソッド・組織運営・採用・人事

など幅広いテーマで経営帝王学を学び、身に付け運を上げていくことができます。