【1-2】運を上げる法則(7)

音声で聴かれる方はこちらです↓

山田光復先生は現在250社以上のコンサルティングをされ、お時間がなかなか取れない中、早朝の貴重なお時間を使って特別に経営帝王学のお話をしていただいております。

VIPメルマガ『山田光復先生に学ぶVOICE CHANNEL』にご登録されるといち早く、そのお話をお聴きになれます。

さらに、次のお話をプレゼントさせていただきます。

・100年経営、100年家系、半永久的に継続する法則とは(3回シリーズ)

・運を上げる法則とは(3回シリーズ)

さらに、10期生まで経営塾を運営してきて、このコミュニティ主催させていただいている 尾藤陽二の30分相談をプレゼントさせていただきます。(丁寧に対応させていただくため、月に3社までとさせていただきます。)

※メール返信されますので、そちらから本登録お願いいたします。

※softbank docomo auなどの携帯キャリアメールは返信されませんので、それ以外の普段使われているメールアドレスをお使いください。

定期的にVIPメルマガでお届けする内容は

・経営帝王学・古代中国哲学・易経・世の中の出来事(事件、事故、政治、経済)を帝王学的による解釈・人のポテンシャル分析・土地・方位・時の分析・運・層・事業継承・100年家系・100年企業・新規事業の仕方・企業の発展のメソッド・組織運営・採用・人事

など幅広いテーマで経営帝王学を学び、身に付け運を上げていくことができます。


『【1-2】運を上げる法則7』

運の良い経営者はいつも学んでいる

読書家が多い

帝王学における読書の本質とは

学び続ける=向上心がある=陽明学の根本=中庸思想

中庸思想=自然界はバランスを取ろうとする
=もの極まれば転ずる

宮大工は完成させない

完成すると崩壊が始まる

未完成だと崩壊しない

家を建てると敷地一杯に建ててはいけない

おせち料理は本来4重が多い、一番上は空っぽにする

まだまだ入る余地を作る

学び続けること=自分がまだまだ成長できることを自覚すること=謙虚さの現れ

お金を稼ぐためだけにコンサルタントをすると勉強しなくなる

コンサルタント業界は自分の成長=顧客満足度が上がる

運をよくする方法=自分が成長することを自覚する=読書

恩師を持つ=絶対かなわない存在=まだまだ頑張る

不足を知る

ぜひ上の動画または音声を視聴てみてください。